【ボエムズネット】

BOhemes Netとは

 

 

SelectBook

 

Rakuten Books

 Fujisan.co.jp

楽天ブックス [160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!]



PROFILE
SEARCH

qrcode

■新着レビュー10件

Powered by RSSリスティング
<< 風味絶佳 山田えいみ | main | グーグル八分とは何か >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

プラナリア  山本文緒
評価:
山本 文緒
文藝春秋
¥ 480
(2005-09-02)
2回目の読書。

個人的に山本文緒さんの本が中でも

私が2番目くらいに好きな1冊です。

(1番は恋愛中毒 (角川文庫)



このプラナリア (文春文庫)は短編集ですが

それぞれの主人公の

なんとも表現できないひねくれ感が好き。

彼に媚を売るでもない、友達に愛想笑いするでもない。

まわりの価値観と合わないことを合わないと言い切れる人。



身近なようで身近じゃないような

友達にいそうでいないような

そんな人間っぽい登場人物たち。



読み返して出会った言葉

違和感の無い他人はいない

というのは今私に必要な言葉だったのかも。

周りと付き合うときに楽になりました。

親友ですら大好きな彼氏ですら他人ですからね。




読んでははっと苦笑い

してしまうような本。

すんごい面白いではなくて

なんか面白いと癖になる一冊ですね。




| selectbook | 山本文緒 | - | - |

スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |