【ボエムズネット】

BOhemes Netとは

 

 

SelectBook

 

Rakuten Books

 Fujisan.co.jp

楽天ブックス [160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!]



PROFILE
SEARCH

qrcode

■新着レビュー10件

Powered by RSSリスティング
<< 対岸の彼女 角田光代 | main | 無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

空中庭園 角田光代
評価:
角田 光代
¥ 500
(2005-07-08)
Amazonおすすめ度:
家族の肖像
秘密ごとは他人には言わないから永遠にわかりません
総てを吐き出すということ
JUGEMテーマ:読書


5人家族と愛人、トータル6人の視点から描かれる物語。

シンプルなようで複雑な六角形。


似たような感じの物語で村上龍さんの最後の家族

が家族を題材にして、4人それぞれの視点で描かれています。

その物語と比べて、この本は

なんだか、とっても・・・・

暗いたらーっ


一見明るそうに見えるのだけど

心の底がとっても暗い感じ。



秘密


なんだか、秘密というものをとても考えさせられた1作です。

だれにだって秘密はある。

どんな親しい人にも言いたくないこと。

いや、むしろ、親しい人だからこそ言いたくないこと。


秘密がない


その理想と現実。読んでいて苦笑?複雑?

なんとも表現できない気持ちになりました。

知らないほうがいいこと、言わない方がいいことも

きっとあるんだろうな、なんて事も思ったりノーノー



それぞれの物語をつなぐキーワードにもなってる、

ラブホテル、ディスカバリーセンター(ショッピングモール)

がとっても効いていて

角田さん、ほんと物語うまいな〜なんて

ことをふと思ってしまったほどでした。


人の内面


を描くのが本当に上手だな

と尊敬しています。


家族の有り方、それぞれの秘密、

考えさせられた1冊でした。
| selectbook | 角田光代 | - | - |

スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |